お互いを理解し合うことが結果に繋がる

職場での仕事仲間とは、相手を自分達で選べるわけではない。その職業に就いた人達がタイミングで集まったメンバーなのだ。人それぞれ個性が違う中で、チームとして一致団結していくのは簡単な事ではない。日々、誰かが仕事で失敗したり、意見が食い違ってぶつかる事も多いが、それも大切な経験である。

チームで動いている際、一人がミスをしたらそれを他の皆でカバーするのも仕事になる。仲間を信頼し合う事で、いつでも全力で頑張れるようになる。また、より良い結果を残したいと思うあまりに幾度となく衝突した時も、ぶつかってきたからこそ相手を理解し、何でも意見出来るような良い関係になっていくのだ。

こういった事以外にも、私情でトラブルになる事も多いだろう。そういった時も普段からのコミニュケーションが大切であり、相手の性格を知る事や個人の意見を交換する事で、不満も大きくならずに済むのだ。その為にも職場の雰囲気作りが重要なことが分かるだろう。定期的に交流の場を設け、情報を共有すると良い。お互いの長所と弱点を知る事で認め合い、良い仕事が出来るようになる。そして、自分を知ってもらう為にも、その日に達成出来るような小さい目標を言い合って共有し合い、皆で達成する為の目標を掲げ、向かっていく事も結束力が高まるきっかけになるのだ。

このように、断続的に良好なチームワークを続けるには、お互いを理解しようとする時間を設けて尊重し合う事が大事となる。