個人プレーでは成長できない

個々の能力や情報を共有することで、多くの成果を生み出すチームワークは、どの企業でも重要視されるものだ。けれども環境によってはチームワークを発揮できないケースがある。

例えば個々の成果が報酬につながるような営業職の場合であれば、必然的に競争になり自分の業務に専念しがちになる。労力を他に回すことで、自身の成果に影響も出てしまう。けれども職場全体の業績を高めるためには、情報や能力の共有は不可欠である。

こういった局面のとき、組織として仕組みを変えることでこの問題に対処することができる。その方法とは、報酬を個人の成績に加えてチーム全体の業績に連動させるということだ。

仕事は個人としての取り組みを考えた時、どうしても自分の業務を優先してチームワークは後回しになりがちだ。成績が出せないスタッフをフォローする必要があると誰もが思いながらも、誰もその役を買わないものだ。成績という点に焦点を絞れば、人の世話を焼くことには何の利点もないように思える。けれども人に何かを教えるということは、自身の勉強にもなることを知っておくべきだろう。

いつまでも単なる社員の一人として活動を続けるつもりなら別だが、いずれリーダーやマネジャーになるつもりがあるならば、指導力を身に付けなければならない。つまり他の部員の手助けとなるようなことを買って出る必要があるのだ。このような意識を皆が持つようになれば、おのずとチームワークは出来上がる。結果的に、自己の利益とチームの業績がうまく噛み合うことになるだろう。