仕事仲間の絆を深めるには

仕事をする上で、人間関係が大切なのは言うまでもない。チームワークが悪いと人間関係が悪化したり、効率も下がるので業績ダウンもしかねない。さて、どのようにこの連帯感を築けば良いのだろうか。

それにはまず、チームリーダーの手腕が問われることになる。リーダーが頼りにならないと、いくら能力のある部下が揃っていても実力を全て発揮する事ができず、次第にチームがバラバラになってしまう恐れもあるのだ。リーダーは部下一人一人の能力を見極め、各々に適した仕事や能力アップにつながる業務をさせる必要がある。部下が失敗した時にはリーダーが責任をとり、励まさなければならない。それにより、チーム全体に信頼関係が生まれるのだ。

チームといっても友達のように仲良しになる必要はないが、尊重し合いのびのびと仕事が出来る環境が必要なのである。互いの長所を認め、時には教育の場を設けて得意分野を教えあうのも良いだろう。更に、絆を深めるには「ほうれんそう」、いわゆる「報告、連絡、相談」を怠ってはならない。各自が今何を行っているのか、進捗状況を把握するのは重要なことである。問題点を早期に見つけることに繋がり、場合によっては助け合うことも可能となるのだ。

チームは各自が別の業務をしていても、その延長線上にある目標は同じでなければならない。チームワークを深めるために、時には会社帰りに親睦を深めるのも良いだろう。業務から離れたところで食事をまじえて話をすれば本音も出やすく、また新たな活力となるに違いない。